« 幸福の朝。 | メイン | 夏の日の、焦燥とそれを打ち消すもの。 »

2006/04/30

カテゴリー