« 薄暮のころになってようやく | メイン | まだ明けやらぬモンスーン »

2011/09/21