« 庶民の午(ひる)。マハラジャの宵。 | メイン | 濃く淡く、強くやさしい十日間が過ぎて。 »

2006/03/07

カテゴリー